〈長野/「千畳敷カール」〉駒ヶ岳ロープウェイで一気に標高 2,644m千畳敷駅へ!!

Koyou紅葉

ダイナミックな絶景の山岳紅葉が素晴らしい!!

四季折々ダイナミックに変化する雄大で美しい景色が見られる「千畳敷カール」、一度で感激!! 麓には、通年営業の駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅(標高 2,644m)がありロープウェイでわずか7分30秒で一気に到達できる山岳リゾート地です。ロープウェイ山頂駅には併設して、日本一高い場所に建つホテル「ホテル千畳敷」もあり、ロープーウェイを下りたらそこには目を見張る山の紅葉絶景が広がってました。(2008年10月)

▶最新情報は「駒ヶ岳ロープウェイ&ホテル千畳敷」公式HP

千畳敷カール

氷河期の氷で侵食されて形成されたお椀型の地形のことを「カール」といい、「千畳敷カール」は畳を1,000畳敷いたほどの広さがあることから名付けられています。夏は高山植物のお花畑、秋は紅葉、冬は雪山の絶景が広がります。

千畳敷カール ~乗越浄土までのトレッキング

ロープウェイで山頂駅(標高 2,644m)へ行き、紅葉の千畳敷カールを登って行くと八丁坂分岐からジグザグの急斜面が始まります、正面の山の間のV字状に見える乗越浄土(標高 2,853m)まで登り、下りは 八丁坂分岐 から遊歩道を通り、剣ヶ池など散策しながら ロープウェイ山頂まで戻るコースをトレッキングしました。分岐からの急斜面が少々きついのですが展望は抜群です。初心者のトレッキングにはとても良いコースでした。( 初心者向けの登山コースとはいえ、山を決して甘く見ずしっかり装備を整え、登山届けを出してください、と注意事項もあったので装備と届けはちゃんとしました)

ホテル千畳敷にライブカメラが設置されています。現在の千畳敷カール、ロープウェイ、南アルプスの様子がリアルタイムで見ることが出来ます。

旅なびjpあとがき

◆千畳敷の鮮やかな紅葉の絨毯は大人気の観光スポットなので、シーズンはロープウェイが半端なく混みますので、いかにして早く乗れるかが勝負です。ロープーウェイの乗り場までは一般車進入禁止なので、マイカーで行く人は「菅の台バスセンター」付近の駐車場に止めてバスに乗り換え、ロープウェイの乗車駅「しらび平」駅まで行く必要があります。

◆私の場合は前日お昼過ぎに「菅の台バスセンター」からほど近い日帰り温泉の「こまくさの湯」に行き夕方までゆっくりして夕食も取りそのあと7時ごろから菅の台バスセンターの駐車場に入り車中泊して朝のバス出発を待ちました、それでもバスのチケット販売のシャッターが開いたとたんすぐ行列ができて油断できない状態でした。・・・シーズン中だったので臨時バスが出て運よく2台目に乗れてロープーウェイもスムーズに乗れましたが、お昼過ぎにロープーウェイ下ったらもう乗り場は何重にも列が出来てて時間待ちは相当なもののようでした、やはり駒ケ根周辺で宿泊するかあるいは菅の台バスセンター近辺の駐車場で車中泊等前泊してバスの始発を狙う行動をするというのがお勧めです。(駐車場は夕方から車中泊の人がどんどん来て朝にはいっぱいですので、他で宿泊をしてると駐車場止められないこともあると思います、ご用心です)

千畳敷カール周辺の観光スポット  千畳敷カール周辺のホテル

[showwhatsnew]